2018年05月27日

リハビリに軽く山登り気分

大腿骨骨折から5ヶ月
階段の降りと、長時間動かさなかった時以外は痛みがなくなってきました

久しぶりの休みだったのでリハビリも兼ねて山登りが出来るかのチェックに身延山久遠寺まで山を登りながらの散歩
P_20180527_105406_vHDR_On.jpg
上り坂はホボ足に問題なし、まだ早くは歩けないので久しぶりの運動量の割には体もついてきてくれている
ただ天気予報では27℃とかなり暑いのでチョット辛い

P_20180527_110038_vHDR_On.jpg
なぜに?道沿いに電子ジャー! 魔封波でなにか封じ込められていると怖いので触らないけどねw

P_20180527_111128_vHDR_On.jpg
思ったより順調に最高点を通過
P_20180527_111142_BF.jpg
本日の相棒、写真撮影に協力してくれないので恥ずかしい写真をUP

P_20180527_112343_vHDR_On.jpg

P_20180527_112356_vHDR_On.jpg

P_20180527_112626_vHDR_On.jpg

P_20180527_113032_vHDR_On.jpg

P_20180527_113140_vHDR_On.jpg

P_20180527_113206_vHDR_On.jpg
のんびりと久遠寺を参拝
というか、問題の下りがチョット怖くて躊躇w

下り始めてみると痛いわけではないのだけれど、足には違和感しかない・・・

ユックリしか進めない、ミニピンの引張に「チョットヤメてぇ〜」と叫びたくなる

まだまだ山登り(下り)は無理かなぁ
トレッキングポール使えばなんとか行けるか?

っていうか、もっとキッチリとリハビリしないとダメですね(苦笑

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨周辺の旅

2017年02月24日

富士川町 大柳川渓谷(おおやながわけいこく)

チョット長めの散歩がしたいなと思い立ち、富士川町の大柳川渓谷へ
大柳川渓流公園に車を駐めてスタート
P1030031.jpg

P1030034.jpg

P1030037.jpg
このコースは渓流を何度も渡る吊橋が階段になっていたりバラエティーが特徴
P1030039.jpg

P1030040.jpg
今回のパートナー ビスケさん、橋の上でフリーズ・・・
P1030044.jpg

P1030046.jpg

P1030048.jpg
下が見えなきゃ?揺れがダメらしい
P1030051.jpg

P1030055.jpg
チョットハードらしいチャレンジコースへ分岐
P1030057.jpg

P1030059.jpg
五段の滝
P1030060.jpg
一部凍ってます♪
P1030074.jpg
本来は新緑か紅葉の頃が観光シーズンらしいけど
もしかして?と思っていた凍った滝ありました♪
P1030067.jpg
橋が見えないとチョット余裕?
P1030068.jpg
でもないらしい、緊張した顔がカワウソみたいw
P1030073.jpg

P1030075.jpg

P1030077.jpg
穴観音滝の左側岩肌が白くなっている部分が幻の滝らしい
大水が出たときにだけ滝が出来るのかな?
P1030081.jpg
涼みの滝は近づけず
P1030083.jpg
穴観音滝の下部分なのかな?近づけないのでチョット不明
P1030085.jpg
ストックにビビるかと思ったけど意外にうまく対応してくれてました
P1030086.jpg
チョット余裕が出てきたかな?チャレンジコースに50分ほどかかったらしい
本来のコースに戻ります
P1030089.jpg

P1030093.jpg

P1030095.jpg

P1030098.jpg

P1030102.jpg
建物が見えてきました
P1030103.jpg
渓谷が見下ろせるお風呂、でも上にある旅館専用らしい
P1030106.jpg
往路1時間15分程?

帰り道は早く帰りたいらしく、なんとか吊橋を渡ってくれるようになりましたが
P1030109.jpg
まだビビってるので、表情を撮ろうと橋をワザと揺すってみた
P1030110.jpg
「うぐ・・うぐ・・」
P1030111.jpg
「揺するのやめて怒り(ムカッ)

帰りは結構アッサリ帰れたような?

つくたべ館へ行ってみようと車で移動、手前に気になる看板
P1030112.jpg

P1030113.jpg
途中で見つけた祠の先に何やらありそう
P1030114.jpg

P1030117.jpg
十谷 七面堂
P1030118.jpg
ここから先は進めなそう
P1030124.jpg
あ、源氏の湯ってこの車道の先にある温泉のことなのね・・・勘違い
P1030119.jpg

P1030121.jpg
つくたべ館は犬連れでは入れなさそうなので退却
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨周辺の旅

2014年09月15日

K16にハイスロ組んで清里へ

SnakeMotors K-16にハイスロットルキットを組み込んでみました

K16のハイスロットル化過程は後半で

前回のメンテナンスも含めた試走を兼ねてチョット長めのツーリングへ

以前この時季に気持よく走れた記憶のある清里方面へ
チョット遠回りしたら町中ばかり走る面白みには欠けた残念なコース取にふらふら

清里の気温は11時で16℃、それなりの格好はしたつもりでも寒かった

吐竜の滝を見学
IMG_2747.jpg

IMG_2748.jpg

IMG_2749.jpg

続いて東沢大橋(赤い大橋)を見学
IMG_2754.jpg
正面に見えるのが八ヶ岳らしい
IMG_2756.jpg
ココは八ヶ岳をバックにした紅葉の頃(10月下旬〜11月上旬)が見頃だそうで
IMG_2763.jpg
隣接の展望台で撮影、あれ?橋が映ってないや

それにしても今日のK16はとっても快調exclamation×2

エンストも無ければその他のトラブルも無し
イヤ、新車であればコレが普通なんだけど(苦笑

逆に緊張感がなくってダレ気味、観光したい気分にもならずたらーっ(汗)
行けないと思うと、無性に行ってみたくなる、みたいなヤツ?

チョット長めに休息が取りたかったので道の駅南きよさとまで戻ってブラブラダラダラ休息

結局そのまま帰路に、何事も無く無事帰還

K-16ハイスロットル化

前回の点検でスロットルワイヤーの遊びがなさ過ぎ、と言われたので
中のプラスチック加工しちゃえ!せっかくならハイスロ化も!
とコチラを購入
キタコ(KITACO) スーパースロットルSET DIO-ZX等(STH-4) [品番] 903-1077000
キタコ(KITACO) スーパースロットルSET DIO-ZX等(STH-4) [品番] 903-1077000

ところがK-16には形状が合わず、イロイロ試しているうちに元のパーツも破損してしまったため(控えめ表現ちう)まるごと交換することに

キタコ(KITACO) ハイスロットルSET ビッグキャブレター用 ダックス シャリー エイプ50/100 901-1015000
キタコ(KITACO) ハイスロットルSET ビッグキャブレター用 ダックス シャリー エイプ50/100 901-1015000
こちらはハンドルバーに穴あけも要らないタイプ

ワイヤーも遊びは結局根元のネジ込み量で調整しているため微妙なセッティングではあるけれど

導入の違和感は走行開始時1分位?すぐ慣れます
っていうか握り直しなしでフルスロットルにはならないレベルです

ハンドルのエンド部分が空いたままになっているのでバーエンドを試してみよう
ついでに振動も抑えてくれたらラッキーだし

というわけでコチラのパーツ余っています欲しい方は連絡ください、お譲りします、説明書ありません、取り付けは自己責任でお願いします
キタコ(KITACO) スーパースロットルSET DIO-ZX等(STH-4) [品番] 903-1077000
キタコ(KITACO) スーパースロットルSET DIO-ZX等(STH-4) [品番] 903-1077000
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨周辺の旅

2013年09月23日

富士山 お中道 奥庭から大沢崩れへ

富士山4合目チョット上にある奥庭駐車場に車を止めスタート
※5合目駐車場から始めるより片道30分ぐらい短くなるらしいです

IMG_1719.jpg
ゲートが閉まっているのかと思いきや、右側に行く工事車両用のゲートで関係ないらしいです(作業員さんに確認)
お中道方向へはガードレール奥のを左側へ進みます
IMG_1715.jpg

IMG_1719.jpg
暫く石畳の上り坂が続きます
IMG_1624.jpg
富士山頂が見えてテンションUP!
IMG_1648.jpg
避難小屋?が見えてきたら右(富士宮方向)に折れて大沢崩れ方面へ、ここまで約15分
IMG_1647.jpg

IMG_1635.jpg

IMG_1650.jpg
こんな開けた道を進んでいくのか、って感動していると・・・
IMG_1634.jpg
標識が茂み方向へ向いている「ココ道?」って不安になるようなヤブの中へ
IMG_1630.jpg

IMG_1626.jpg
足元のなんとも微妙な標識
IMG_1651.jpg

IMG_1652.jpg
藪を進むと山道っぽくなってきます、富士山など殆ど見えない林の中、イメージと違った、でも考えてみれば森林限界はもう少し上ですよね
IMG_1654.jpg

IMG_1656.jpg

IMG_1657.jpg
ほとんどは林の中を進むコースですが、沢に出ると上下が一気に開けて凄い眺めが

<滑沢(なめさわ)付近>
IMG_1661.jpg

IMG_1662.jpg

IMG_1664.jpg

IMG_1663.jpg

<仏石流し付近>
IMG_1666.jpg

IMG_1668.jpg

IMG_1673.jpg
沢を渡る道は急斜面で滑りやすく幅も狭い、ガレ場の石を越える段差も高く正直チョット怖いです
IMG_1678.jpg
中央よりチョット上に線が入っているわかるでしょうか?そこが道です
IMG_1679.jpg
でもコノ絶景はたまらない感動

<一番沢付近>
IMG_1682.jpg

IMG_1680.jpg
一番沢までは全般的に軽い上り、でも息が上がるほどではなく

一番沢からは結構キツ目のくだりへ、帰りを考えると憂鬱

このあとも沢を越えて
IMG_1684.jpg

IMG_1685.jpg

IMG_1687.jpg

IMG_1690.jpg

大沢休息所と横にある神社へ到着
IMG_1693.jpg

IMG_1694.jpg
ストックは私のじゃ無いです、明らかな撮影ポイントに置く?
IMG_1695.jpg

いよいよ大沢崩れへ 天気は悪くないのですが・・・
IMG_1697.jpg
到着時に沢は全面霧に覆われていました
IMG_1698.jpg
ガラガラと崩れている音が聞こえ、たまに小さく崩れていく姿もみることが出来ました

暫くウロウロしていると山頂方向の霧が少し晴れてきました(ここからクリックで拡大します)
IMG_1704.jpg
山頂付近がチョット見えた
IMG_1706.jpg
あれ?山頂の横に何かある?空じゃない?
IMG_1708.jpg
一瞬ですが霧の切れ間から崖が現れました!
IMG_1710.jpg

IMG_1711.jpg
うわぁ〜、コレは霧がスッキリ晴れた状態でみたいな、下の方は霧で全然見えなかったし

見えたのはコノ一瞬だけ、すぐに沢全体が霧に包まれてしまいました、ラッキー♪

来た道を駐車場まで戻り奥庭駐車場の奥にある奥庭遊歩道へ
IMG_1725.jpg
※結構下るので体力落ちてると感じたらオススメしません
IMG_1731.jpg
富士山にもボコっと膨らんだ部分ってあるんですね全面パノラマ
IMG_1732.jpg
麓方向
IMG_1737.jpg
富士山方向


残念ながらこの時間になると富士山山頂も下界も見えず、5合目に行っても状況は変わらなそうなので帰路へ
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨周辺の旅

2012年10月28日

鳴沢村方面

所要で富士宮方面へ

アドレスV125の出動は久しぶり、ツーリング気分で朝霧高原経由で往復してきました


帰り道は用事もなかったので鳴沢村周辺の道をブラブラ散策(あまり良くない話題でニュースにはなってますが)

富士五湖方面はかなり寒くなって紅葉も始まっていました


県道71号 富士宮鳴沢線(静岡県富士宮市〜山梨県鳴沢村)鳴沢村の辺は初めて走ったけど、2車線ながらそんなに広くはなく、かといってカーブもドギツクなく原付で丁度イイカンジな道

本栖湖の辺のはずなのに随分登っている気がするな?と思ったら本栖湖を見下ろせる展望台に到着
P1020352.jpg

ここから鳴沢村方面国道139号に合流するまでの区間は紅葉の林の中を走る感じ?(まだチョット早かったけど)
P1020355.jpg

その他の道にも入ってみたけど、この辺にはまだまだ面白そうな道がありそう、今回は走らなかったけどこの辺で1日遊べそうな予感
P1020356.jpg P1020357.jpg


本栖湖からの下り国道300号線(本栖みち)ツーリング系の地図や雑誌では結構取りあげられている峠道での1枚
P1020360.jpg
でも最近は結構車線をはみ出して暴走気味な車も多くドキッとすることが多いです、安全マージンタップリとらないとマジ怖いです
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨周辺の旅

2011年09月27日

野辺山・清里の旅

9月24日(土)天候晴れ、久しぶり原付の旅、気候もよいだろうと思ったけど既に寒い・・・バイクに最適な季節ってホボないなとボヤきながらスタート

走り始めて約1時間半「道の駅きよさと」で小休止、3連休の初日だが道の流れもよく快適
DSC00083.jpg


とりあえず県境を超えて野辺山へ
DSC00090.jpg DSC00132.jpg
久しぶりの県境写真(クリックで拡大します)

野辺山付近の温度が12°Cって・・・想定外の寒さ、真夏に来たら涼しくって感動したかもしれないけれど春先の格好で出かけたことに後悔


とりあえず野辺山駅へ
DSC00108.jpg
JR最高地点の駅、走っているときはムッチャ寒いけど停車した状態なら程よい気温♪
DSC00095.jpg
DSC00097.jpg

その後山梨県側へチョット戻ってJR最高地点として紹介される場所へ
DSC00114.jpg

DSC00121.jpg
どうせ人なんてほとんど居ないだろうと思ったが、結構観光客がいてドタバタしてます・・・神社もあるけど誰もお参りなんてしてません、ご神体は車輪なのか八ヶ岳なのか?車輪だとさほど有難くは見えないからしょうがないか?(苦笑
DSC00118.jpg
DSC00123.jpg

その後清里方面へ、とりあえず清里駅付近を散策、駅前はテレビなどで紹介されているほどの荒んだ感は無いけれど、人気で人が集まる要素は確かに無いと言わざるおえないかなぁ
DSC00135.jpg
DSC00140.jpg
DSC00139.jpg

清里駅を撮影しようとカメラを構えたけど、なかなか無人状態は難しい、っていうかズット同じ人達が動いてくれない、しかも別の人まで呼び込んで自転車組み立てるとか言い出すし・・・それはモチロンこちら側のエゴなのは解っているけれど・・・

清里 清泉寮エリアに移動、人が賑わっている
DSC00142.jpg
DSC00143.jpg

ここで有名なモノと言えばソフトクリーム、せっかくなので行列に列んで買ってみた・・・アイスって普段滅多に食べないから美味いかどうか分からない(失笑
DSC00148.jpg
しかもお腹がさらに冷えた・・・


さて、ここまで順調に来過ぎて11時・・・この活動していない期間に思いついちゃった企画行きますかね?(次回に続く・・・)
タグ:清里 野辺山
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨周辺の旅

2010年10月01日

安倍峠越え 静岡へ

安倍峠最高点から静岡側へ下ります
コチラ側はあまり落石なども無く安心して走れます
安倍峠 静岡休憩所 安倍峠 遊歩道
しばらく走ると休憩所が、ココから八紘嶺、七面山方面へ縦走できるらしいです、聞いたことはあったけど、本当に道があるんですねぇ

2つほど滝を超え梅ヶ島温泉へ
梅ヶ島温泉
ここまで山梨側の林道起点から約1時間、旅はまだ続きます。

安倍峠 滝 安倍峠 滝2
静岡側は富士山は観えないようですが、複数の滝があり、滝めぐりがこの辺の観光スポットでもあるようです。
安倍峠 静岡駅へ
梅ヶ島温泉から静岡駅までは45キロ程、たまに1車線になりますが、全体的になだらかな下りで2種スクには快適な道が続きます♪
梅ヶ島 施設
途中にはいくつかの温泉施設などがあるようです。

この日は気温も丁度良くノンビリとしたツーリング

せっかく静岡まで来たのでアレに会いに行きます
ガンダムと一緒
コレ、2輪車なら東静岡駅会場スグ横の駐輪場に止められるので記念撮影

その後も清水区山側を散策

トレセン付近で古墳を発見
トレセン 古墳 古墳2
整備された前方後円墳って始めてみたかも

この後、国道52号にて帰宅

この日の走行距離154km、所要時間:約4時間
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨周辺の旅

2010年09月30日

安倍峠越え

2010年10月10日に身延町大城地区から静岡県境の安倍峠までの豊岡梅ヶ島林道で12.6km、標高差1000mを登るヒルクライム大会「ツール・ド・安倍峠2010」が開催されるそうです

ということは、今ならコースコンディション最高なのでは?
ということで、安倍峠越えに行ってきました、2種スクで!!

大城から道が細くなります
大城 豊岡梅ヶ島林道 起点
ここの奥を左側に進むと、まもなく「豊岡梅ヶ島林道」の標識が

豊岡梅ヶ島林道 起点2 豊岡梅ヶ島林道 起点3
川を渡ると林道のゲート

豊岡梅ヶ島林道 路面
路面は枯れ枝や石がゴロゴロ、こんなところをロードレーサーで走ったらパンクするんじゃね?なんて思いながら走ったのですが、大会直前に整備するそうです。
たしかに、寸前じゃないと石がドンドン落ちてきそうな道です。

豊岡梅ヶ島林道 眺望
山梨県側は富士山が撮影できるらしく、カメラをセッティングして待つ人を見かけました、当日は雲で見ることが出来ず。

豊岡梅ヶ島林道 眺望2
展望台を過ぎると、まもなく山頂付近へ

豊岡梅ヶ島林道 山頂付近 豊岡梅ヶ島林道 山頂付近2
といっても標識は見当たらず、施工主のプレートがありました。たぶんこの辺が頂点なのでしょう。

続きます
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨周辺の旅