2010年09月26日

国道139号南方紀行 復路

静岡県富士宮市から先の国道139号は走る機会が多いので、そのうち撮影することにして帰路へ。139号で戻ります
国道139号 富士宮バイパス1
富士宮市街地を抜け、快適そうな山岳区間へ!
、、、と思ったら自動車専用道路で125cc以下の走行禁止区間
国道139号 富士宮バイパス2
県道414号へ迂回
国道139号 富士宮バイパス3
白糸の滝を越えしばらくすると139号へ再合流
国道139号 富士宮バイパス4
139号は一見快適な高原の道なのですが、登り坂なので遅い車が1台でもいると渋滞気味にはなりますが、非力な125ccとはいえ信号待ちの間に前に出ることは出来るのでそれなりに快適。
道の駅 朝霧高原
道の駅 朝霧高原で一休みして帰宅

今回の走行距離:約140km
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国道139号-山梨の旅

2010年09月24日

国道139号南方紀行

今回は、国道139号を南方へ!

本栖湖半を、前回139号を北へ向った時とは反対側へ右折
R139 静岡県境1 R139 静岡県境2
チョット走るとそこは県境

手前の道を左折、県道71号方向へ散策
R139 ススキ 県道71号付近
富士山周辺はこれからの季節一面のススキが絶景。

しばらく走ると急に道が開けて2車線化
富士クラッシク1 富士クラッシク2
富士クラシック(ゴルフ場)へと続く道でした。

この辺の景色や、雰囲気はノンビリしていて最高!でも牛さんの香りが・・・(^^;;;

139号は帰りに通ることにして、そのまま県道71号を南下
県道71号富士宮市 県道71号富士宮市2
しばらくすると静岡県富士宮市に

富士宮駅付近、富士浅間神社まで下ってきました
富士宮浅間神社
本栖湖付近は寒さを感じましたが、この辺は暑いです。

つづきます。
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国道139号-山梨の旅

2010年06月28日

国道139号-山梨の旅 まとめ

国道139号-山梨の旅(R139小菅リベンジ)のまとめデーター

実施日:6月12日
天候:晴れ
気温:最低気温19℃、最高気温27℃

走行距離:約253km
所要時間:7.5時間

主なルート
県道300号-国道139号


感想

それにしても山梨の端から端までって結構遠い、よりによってやり直しになるとは、、、
今日から一部の高速道路が無料になりましたが、125cc以下のバイクには恩恵も無いですからね。

前回、今回とカーブの1000本ノックのような峠道の洗礼でスクーターの乗り方が少しわかってきたみたいです、逃げ腰だったのが、腰から曲がっていくような感覚(?)を思い出してチョット峠が楽しくなってきました。

あと、車のメンテナンスはコマめにおこなって欲しいですね、オイル交換を怠っている車の後ろにつくと臭くて具合が悪くなります。

そんなわけで帰ってきたらネティーポット!!

お鼻の奥までスッキリデス。


小菅村について「リベンジ」や、「道が悪い」など、散々な書き方をしてきましたが、元をただせば自分のミスから始まったこと悪意はありませんことをこの場に書いておかないといけませんね、不快に思われた方がいましたら申し訳ございませんでした。
自然の中を走る、ノンビリとした雰囲気を楽しむのであれば最適な旅となることでしょう。

今回までに走ったエリア
今何処3
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国道139号-山梨の旅

2010年06月24日

小菅村&国道139号の終点

小菅村 松姫峠
小菅村(こすげむら)に到着

旅のテーマであるカントリーサインを写真に収めると言う目的で考えれば、ここで折り返したい気持ちでイッパイ、前回のリベンジも達成です。

とりあえず休憩もしたいので小菅の湯まで行ってみることに
小菅の湯の隣には道の駅のような施設が併設されていました。

ここで国道139号の起点/終点まで行くかどうか大いに迷い、写真撮影をスッカリわすれてました。(ーー;)

とりあえず県境まで行って、道がキツければ帰るということにして旅を継続

気持ちを入れなおして進むと2車線の穏やかな道が県境まで続いていました

途中の工事現場の信号にはカウントダウン表示が・・・
シグナルGP.jpg
『水曜どうでしょう』をご覧の方なら危険を感じえずにはいられないところですね、ここは慎重にアクセルを開けて再スタート(笑

東京都奥多摩町139 小菅村 東京
県境を越え東京に入っても穏やかな道は続き、10分も走らないうちに奥多摩湖が見てて来ました

そしてたどり着いた国道139号の終着点は、前回「上の原」方面から下ってきた奥多摩湖畔で撮影した分岐点だったのです。orz
139号終点
事前にシッカリ調べておけば、松姫峠の山頂から折り返しても同じ写真掲載できたんじゃん。(爆

と言うことで帰路に、小菅村に来た証として原始村の竪穴式住居を撮影
原始村
また松姫峠を1時間ぐらいかけて走ります
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国道139号-山梨の旅

2010年06月23日

大月市 国道139号

大月市(おおつきし)に入り、一旦国道20号と共用区間を通過、139号が峠道の様相に、センターラインも無い狭い区間が増えてきます

松姫神社
松姫神社
既に朽ちている木が御神体になっていますが、なかなかの雰囲気

道は一段と険しさを増していきます、国道=2車線以上と勝手に思い込んでいただけに激しい疲労感が、、、『酷道』なんて言葉があったことを思い出しました、国道って全てが整備されているわけでは無いんですね。
※139号はwikipediaの”酷道”の欄には記述されていません。

突然ダムが出現
深城ダム 深城ダム2
深城(ふかしろ)ダムというそうです、周辺は道も整備されていてノンビリした雰囲気

峠道に入って30分以上は走ったのでしょうか?ようやく頂上で小菅村との堺に到着

小菅村堺 大月市のカントリーサイン
松姫峠 大月市 小菅村2.

この峠道を松姫峠というそうです。しばらく周辺を撮影していたのですが、看板下の自転車で登ってきたと思われる男性、ズットこの場所でこのポーズのままでした。。。

それにしても、最近ではどこに行っても自転車の人いますね、2種スクでアクセルを全開にしても進まないような坂を登っている姿は尊敬しちゃいます
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国道139号-山梨の旅

2010年06月22日

都留市 リニアモーターカー

都留市139
都留市(つるし)といえば、リニアモーターカー!?

国道139号からチョット入ったところにリニア見学施設があります

チョット寄道してリニアモーターカー見学

到着してまもなく実験走行が始まりました、ラッキー♪
リニアモーターカー
オンリーワンショット!! (キレイに収まりました)
先を急ぐためこの一枚で撮影終了

リニアモーターカーの走行音は静かなので、観光客の隣を走っているのに気づいていないなんて光景も見受けられました。^_^;
リニア実験施設
リニアの走行実験は毎日あるわけではなく、走行実験がある日でも1時間ぐらいの内に数往復するだけらしいです、見たければ時間を確認していくことをオススメします。
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国道139号-山梨の旅

2010年06月21日

西桂町 三ツ峠の登山口

西桂町西桂町(にしかつらちょう)に突入

油断していてカントリーサインを通過しそうになりました・・・^_^;

西桂町には三ツ峠の登山口があるんですね、三ツ峠からの富士山は写真やテレビでよくよく見るので、一度は上ってみたい山です

三ツ峠山頂からは、富士山のほかにも、南アルプス、北八ヶ岳などがみられるそうです。
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国道139号-山梨の旅

2010年06月20日

富士吉田市

富士急ハイランドのジェットコースターを横目に見ながら走っていると、突然「富士吉田市(ふじよしだし)」のカントリーサインが
富士吉田市
急ブレーキをかけて止まったのが看板の真下。。。

fujiyama
振り返るとフジヤマが見えたので撮影

富士吉田 金鳥居
富士吉田の街中にある金鳥居

富士山吉田口登山道のスタート地点なのだそうです。
天気がよければ鳥居の中に富士山を入るんだとか

吉田といえば”うどん”ですが、食べたことがありません。
しかし、ここは先を急ぎます。
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国道139号-山梨の旅

2010年06月18日

鳴沢村

鳴沢村(なるさわむら)
鳴沢村

青木ヶ原樹海の中、風穴や氷穴を横目に道の駅なるさわを通過

道の駅 なるさわ 道の駅 なるさわ2
「道の駅なるさわ」には、富士山博物館/鉱石ミュージアムが併設されていてあるため、正面に大きな鉱石が飾られています

いわゆるパワーストーンっていうヤツですね、触ることで力がおすそ分けされるかも?

この写真は帰路に寄った時のもの、だから、、、体力の限界、内部を見学する気にはなれませんでした・・・

再度「富士河口湖町」に入り「富士吉田市」へ続きます
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国道139号-山梨の旅

2010年06月17日

富士河口湖町

本栖湖半 富士河口湖町のカントリーサイン
富士河口湖町
旧:上九一色村のもの(?)富士山をバックにした牛

富士河口湖町(ふじかわぐちこまち)に入り、本栖湖半を過ぎるとすぐに国道139号に接続
国道139分岐

青木ヶ原樹海
青木ヶ原樹海
子供の頃はもっと不気味な雰囲気を感じたような気もしたんですがねぇ

この辺は地形が入り組んでいるらしく一旦「鳴沢村」に突入してから再度「富士河口湖町」へ
富士河口湖町2
再突入時の一枚

ちなみに、富士河口湖町は、山梨県で唯一「町」を「まち」と読む自治体であり、日本一文字数の多い町でもある、のだそうです。(wikipediaより)

さらに、富士河口湖町には山中湖を除く4つの湖があります。
(本栖湖は一部が身延町)
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国道139号-山梨の旅

2010年06月14日

国道139号-山梨の旅 身延町 本栖湖

前回、自宅から一番遠いと思われる「小菅村」不通過という大きなミスをしてしまい、途方にくれていましたが、本栖湖半から延びる国道139号をたどっていけば道一本で行けることがわかりました。

前回の旅はひたすら続く峠道に苦しみましたが、国道を走るだけなら余裕♪なんて思いながら気楽に走り出すことにしました・・・

題して『R139小菅村リベンジの旅』スタートです!

まずは国道300号で本栖湖へ、国道300号の下部温泉から本栖湖までの区間はライダーをその気にさせてくれる峠が続きます、私は未だにスクーターの乗り方に馴れず、前を走っていた125ccのスクーターについていけませんでした。。
本栖湖
曇天のため富士山が拝めませんが、天気に恵まれると千円札の絵柄に近い風景になります。

湖畔をチョット進むと富士河口湖町に突入しますが、ここでは身延町側のカントリーサインを紹介
本栖湖半 身延町
下部町のカントリーサイン、下部温泉と蛍がモチーフです。
にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国道139号-山梨の旅