2016年09月12日

K-16 SPORT 125cc 初の雨中走行

出先で雨に会い、帰宅までの騒動

ファンネル仕様のK16が雨にさらされてエンジンかかるのか?
との不安もアッサリとエンジンは掛かり走り出せました

が・・・走りだしてスグにエンジンが止まります
アクセル開けるとゴボゴボと

これは通常でも走り出しにはある現象、しかし、暫く走っても止まるのは明らかに異変

走り始め暫くは急な下りだったので、クラッチを繋ぎ直してエンジン再始動の繰り返し

そして、平地に出たところでエンジンが完全に止まる・・・
何度もキックを繰り返し取敢えずエンジンは始動

チョークを引いた状態ならエンジンが止まらない!?
しかしチョークを戻したりアクセルを動かすとエンジンは止る

ココで閃き!?
チョーク引いたまま走れば家までたどり着けるんじゃね?

通常でここから家まで1時間弱、ほぼ下りなので超低速でもなんとか辿りつけそう?

クラッチを繋ぐ瞬間に回転が落ちないようにクラッチとアクセルワークで走り出す
アクセルを開かなくても下りなら50Km/hでるし!

たまにエンジンが止まりそうになる、
多分この落ち込みが水を多く吸い込んだ状況なのかな?

ってことは、、、

エンジンが吹けないのは雨水を吸い込むのが原因ではなく
気象状況による気圧などの変化が原因、なのか?


なんとかたどり着きましたが、いつか止まるかもって緊張感で疲れました
ウィンカーは途中で点かなくなったし、手信号ヤったよwww

ファンネルを外してみると、ファンネルの内部は濡れていて、ピストンバルブの辺りにも水滴らしきものが

その後調べてみると、ファンネル仕様でも雨はそんなに影響がないとの記事も
原付きでの記事は見つかりませんでしたので、マルチの場合は1機が弱っても影響が少ないとも考えられますが

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
このブログは今何位?
posted by 山梨発 ぶらり社会見学 at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | スネークモータース K-16
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176854172

この記事へのトラックバック